So-net無料ブログ作成
検索選択

保守主義の哲学---強度の民族(国家)主義は、ニヒリズムの裏面である!

 新聞記事】

 京都大学教授・佐伯啓思 誰が国を守るのか

 (産経Web 2014.7.21 03:15

 ◆◆◆

 戦後日本は、民主主義と平和主義を高く掲げ、この2つの主義を両輪にしてきた。その結果、多くの者にとっては、民主主義イコール平和主義とみなされた。民主主義者は平和主義者でなければならなかった。両者とも「主義」であるからには思想的な立場の表明であり、その反対の立場もありうるだろう。しかし、わざわざ反民主主義を宣言する者などめったにいないし、戦争主義などを訴える者もいないので、誰もが、積極的か消極的かは別として、民主主義者であり平和主義者である。

 にもかかわらず、戦後日本の民主主義と平和主義の組み合わせが、どうもうさん臭いのは、この平和主義がもっぱら憲法9条の武力放棄を意味しているからにほかならない。平和愛好、構築なら誰も批判もしないだろうが、問題はその方法なのである。憲法9条といういささか特異な形態における平和主義という「方法」が問題なのである。

 もっとも、いわゆる護憲派の平和主義者からすれば、憲法9条に示された平和主義こそが理想的理念だということになる。とすれば、その途端にまたうさん臭さが露呈してくる。それは、日米安保体制の存在である。平和主義を掲げながら米軍を駐留させ、他国との交戦になれば、米軍を頼みにするというこの欺瞞(ぎまん)である。交戦とまではいかなくとも、少なくとも、戦争の抑止を米軍に依存していることは間違いない。

 憲法を前提とすれば、こういう形にならざるをえない。しかしそれを平和主義といって、何やら就職活動の履歴書のように、いかにも温厚、誠実、穏健を演出しても、その背後にあるものを想起すれば、欺瞞的というほかない。

 実は、民主主義はイコール平和主義ではないのである。たとえば、戦後日本で民主主義の手本とみなされたジャンジャック・ルソーは、決してそんなことはいっていない。それどころか、統治者が国のために死ねといえば、市民は進んで死ななければならない、と明瞭に書いている。言い方は少々どぎついが、端的にいえばそういうことになるのであって、それが西欧政治思想の根本なのである。

 どうしてかというと、近代国家は主権によって動かされる。そして、主権者の役割は何よりまず国民の生命財産を守ることとされる。とすれば、もし主権者が君主なら、君主は彼の国民の生命財産を守らなければならない。そして主権者が国民ならば国民が自らの手によって彼ら自身の生命財産を守らなければならない。これが道理というものであろう。とすれば、民主主義では国民皆兵が原則なのである。もちろん、具体的にはさまざまな形がありうる。しかし「理念」としてはそうなる。

 こうしたいささか面倒なことを書いてきたのは集団的自衛権にかかわる論議において、この種の原則論がまったく確認されていないことに危惧をおぼえるからである。技術的・法的な手続き論も必要だが、本当に重要なのは「誰が国を守るのか」という原則論にこそあるのではなかろうか。(さえき けいし)

 ◆◆◆

 佐伯啓思 氏は、京都大学の教授であられるから、この記事が非常に面白い文章(構成)であることだけは、最初に認めさせて頂きたい。

 その意味するところは、反米思想家・西部邁の直系のお弟子様だけあって、用語の定義・主張(言論)の主体・批判対象・等々の摩り替えを巧みに行って、文意を曖昧にして読者(日本国民)の頭を混乱させるのに非常に長けていると言うほど意味である。

 この文章が、単に、左翼・極左(=全体主義)知識人の「憲法9条墨守の自衛権拒絶の似非(=嘘)平和主義」批判の趣旨で書かれたならば、最後の2パラグラフ程度に幾分かの価値があるかもしれない。

 だが、この文章の論理と内容が、我々親米保守(自由)主義グループの思想の否定文として読むならば最悪の思想であり容認できないものがある。

 僭越ながら、政治哲学の視点からは、私が採点させて頂いても0点以下であるから、中川八洋筑波大学名誉教授が政治哲学・国際政治学・軍事学・国際法学・英米系法学等の観点で採点されれば、マイナス180点となって、我々の思想と対極にあることが明確になるだろう。

 中川八洋先生には、一度、この西部邁の直系弟子らの思想と人間人格の酷さの一点に絞って、彼らの愚論を論破して頂く論文を書いて頂きたい思うほどの劣悪さである。

 なお、ある方面からの入手情報でしかなく、真偽のほどは定かでないが、これらの人士が集う「チャンネル桜」が詐欺罪などの疑いで訴えられ、公安が調査していると聞いている。

 もし、それが真実なら、公安や検察にはきちんと、とことん捜査してもらいたいものだ。

 それはさておき、細かく記事内容の誤謬を書き挙げ、政治哲学的に論破しようとすれば、一つのまとまった論文となってしむので、ここでは二点だけ誤謬を挙げておくに留める。

 第一点目。

 狂人ルソー的な思想が「西欧政治思想の根本」などと断定するのは、あまりにも合理主義的偏見に偏った誤謬・歪曲であろう。

 西欧の思想は古代から、プラトン的な全体主義的思想の継承だけでなく、その対極には、ソクラテス、アリストテレス、キケロ等々…のように、“法の支配”の重要性と“法”と「(恣意的)命令」の相違の重要性を説いた偉大な思想家の思想が並存してきた。

 その思想が英米(アングロサクソン)でE・コークやBストーンD・ヒューム、E・バークやAハミルトンら建国の父らに継承された。

 一方、プラトン・デカルト・ルソー・ヘーゲル的な全体主義的思想も同様にベンサム的社会主義、マルクス主義、フェビアン主義となって英米に闖入した。

 ロシア(ソ連)へは、ボルシェヴィズム(レーニン主義・スターリン主義)となって真っ赤な共産主義の祖国や中共を誕生させた。

 政治哲学思想とは、西欧思想VS日本思想(あるいは日本主義)とか、英米系自由主義VS日本主義(民族主義・民族優越主義)などのような単純な対比・比較で表現できるものではない。

 そうした分析手法自体、明白な政治哲学的に誤謬である。

 第二点目。

 今更、「誰が国を守るのか」だって?

 そんなことは日本史を読めば自明であろう。

 左翼・極左の大人でも、小・中・高校生でも頭の中では知っている(理解している)が、妄想的理想(ユートピア)に耽ることで、現実逃避しているだけ。

 表面上、平和な時代なので、今日も、明日も知らないふりをしている「=眠ったふりをしている」だけである。

 共産革命家はそれが自分の存在を確認できる「運動(生き甲斐)」だから、平和主義運動をしているだけ。

 これも既に自明だろう。

 もちろん日本国を防衛する主体は、日本国民自身である。

 (基本的には国家の正規軍だが、戦況が危うくなれば、予備役・義勇軍・傭兵・一般国民からの徴兵の導入も必要になるかもしれない。それが、良いか悪いかではなく、戦争になれば、事実上、持して死を待つか、戦うかの選択しかなくなるからである)

 だが、このことは日本国・日本国民を他国の侵略から守る(防衛する)ために「他国(同盟国等)の軍隊(国民)」と「協同して自衛権を行使すること」を排除しないし、現実的に併存(並置)できるし、している。

 むしろ技術的な高度化・高コスト化した軍事力(兵力・兵器)を使用する現代の戦争においては、自国を自国の兵力・軍事力(兵器)のみで防衛するのは、最大限の努力はするにしても、実際には困難であるからこそ、「集団的自衛」は世界の常識となっているのである。

 何か、著者教授は自国の防衛について他国(同盟国)と協同することに「ニヒリズム」を感じておられるようであるが、私から見れば、著者教授の思想自体が「西部邁・直系の猛毒の民族主義・国家社会主義」一辺倒の「極度のニヒリズム」の裏返しにしか思えない(聞こえない)のだが。

 京都大学教授 殿に失礼な物言いだったかもしれないことは、お詫びしますが、私は、西部邁 氏の系譜の思想は全く肌に合わないし、同系列にある三橋貴明や中野剛志のような国家統制主義的(経済ナショナリズム)な思想・政策、が正しいとは思わないし、彼らの悪辣な品性には嫌悪感しか感じない。

 最後に、私は、最近(直近)の安倍内閣の支持率の低下は、(国民の生命・財産・自由を守るための)秘密保護法の制定・NSCの設置や集団的自衛権の行使容認の閣議決定それ自体にあるのではなく、それを行使する場合の、安倍内閣から強くにじみ出る「民族主義(国家主義)的色合い(カラー)」に、日本国民が若干不安を感じ始めているからではないかと感じている。

 また、この行詰まり状況を打破するためには、安倍内閣は“法の支配”という言葉だけではなく、“法の支配を遵守する自由主義内閣である”ことを国民の目に見える形の行動で示していくことしかないだろう。

 少なくとも民族主義的・国家主義的・反米的傾向の表現(発言)・行動は、安倍内閣の支持率を下げることはあっても、上げることは皆無であろう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。